弁護士費用について

ホーム > 弁護士費用について

弁護士費用について

一口に弁護士費用といいますが、大きく分けますと、弁護士が行う職務の対価としての「弁護士報酬」と、職務を遂行するためにどうしても必要となる「実費」があります。

このうち「弁護士報酬」は、以下のようなものが挙げられます。

  1. 着手金:事件を受任する際(最初)にその結果のいかんにかかわらずお支払いいただく委任事務処理の対価
  2. 報酬金:事件の成功の程度に応じてお支払いいただく委任事務処理の対価
  3. タイムチャージ:1時間あたりの委任事務処理単価に事件等の処理に要した時間を乗じることによって算出される委任事務処理の対価
  4. 顧問料:顧問契約により日常の法律業務を継続的に遂行させていただくことの対価
  5. 法律相談料:法律相談(口頭による鑑定、電話による相談を含む)についてお支払いいただく対価
  6. 書面による鑑定料:法律上の判断または意見を述べる書面を作成した場合にお支払いいただく対価
  7. 手数料:原則として1回程度の手続または委任事務処理で終了する事件等についてお支払いいただく対価
  8. 日当:ご依頼いただいた委任事務の処理のために事務所を離れ、移動に時間を要することについての対価
このページの先頭へ